キャリアデザイン
コラム

シゴトの学び舎コラム

大学1、2年生から始めるキャリアデザイン

キャリアの選択の幅を広げよう(第1回)

大学1、2年生やそれよりも早い学年でキャリアデザインを始めることの意味や価値とは、何なのでしょうか。大学3、4年生で行うのと何が違うのでしょうか。これから8回に渡り、大学3年生(大学院1年生)を1つの節目にして、それ以前、以後と区分して、大学生のキャリアデザインを考察します。

節目よりも前にキャリアデザインを始めたことにより得られる成果は、選択の幅が広がることです。その時期が早いほど、未経験なことへの挑戦機会が増えます。留学やアルバイト、過去に相談を受けた方の中には、「薬の開発」というご自身のビジョンが見つかり、大学1年生で学部変更の試験を受け、認められた方もいらっしゃいました。

また、人間には、過去の経験(学習の成果)が脳内に記憶され、必要なときにリソースとして活用できる基本的な機能が組み込まれています。過去に「選択」した経験は、未来の選択場面でその能力が発揮されるほか、決断に迷ったときなどにもリソースとして活用されることがあります。

先に述べたように、節目よりも前にキャリアデザインを始めたことによって、その学生の選択の幅は広がります。そうすると、より多くの選択肢から取捨選択することになります。しかし、その経験も早期に済ませておくことができれば、選択の幅を広げた成果は何ものにも代え難い能力となって、学生の進路選択を支えてくれるはずです。

(次回のテーマは、自己理解を予定しています。)

コラム-キャリアデザイン-じぶんらしい生き方・働き方-シゴトの学び舎

コラム-キャリアデザイン
じぶんらしい生き方・働き方

キャリアデザインとは、自分が生涯を通じて、どのように仕事や社会とかかわり、果たしたい夢や目標、使命は何か、どんなプロセスで何を実現したいかを自分自身で考えて、その考えをキャリアプランとして具体化していくことです。

コラム-NLP(神経言語プログラム)-シゴトの学び舎

コラム-NLP(神経言語プログラム)

「脳の取扱説明書(自分の脳を使いこなして生き方を変える)」とも言われる卓越したコミュニケーション技術の体系である[NLP]