苦手意識を
手放す技術

新時代のリーダーシップ―NLP入門―

無意識下にインストールされている苦手意識のプログラムは、リプログラムが可能で、望ましいプログラムに書きかえて再インストールできるものです。
意図的に視点を変えて捉える技術や自身のイメージを活用して、苦手意識を手放し、より望ましい方向へと前進する手法を手に入れる120分間の講座です。

苦手意識とは何か?

過去の経験/出来事から創り上げた
脳内プログラム

意識しているかどうかに関わらず
効力を発揮してしまう

プログラムの特長

苦手意識は、人間の基本的な機能(呼吸、消化、体温調節など)が意識とは関係なく実行されるように、条件さえ整えば、自動的に発動されるプログラムのようなもの(アンカーと言います。)です。NLPには、そのプログラムの条件付けの法則を変える方法やイメージの力を利用して「苦手」に紐づいている固有のイメージを変換する方法など、その他にもさまざまなユニークな手法があり、苦手意識の解消や緩和に取り組むことができます。

本プログラムはビジネスパーソン向けの企業研修であることから、NLPの中でも顕在的に捉えやすいスキルを中心に体験していただきます。もっと無意識にアプローチするような手法が体験したいなどのご要望があればお応えいたしますので、ご相談くださいませ。

実体験が伴う。だから気づき、理解が深まります

人間の認知構造や無意識の機能など、誰もが体験している事例、グループワークやディスカッションなどの
実践演習をふんだんに盛り込んだプログラムは、気づきが多く学びが促進されます。

行動できない⇒行動できるへ、行動変容に効果があります

アンカーが形成されているということは、それ以前に同じ条件下の1回以上の経験をしており、行動前、瞬間的に「あの時のイヤな記憶」が蘇り、行動力や推進力を鈍らせることがあります。無意識下にインストールされているプログラムは、自動反応して効力を発揮するため制御不能なのです。まずはそのプログラムに気づくこと、そして、条件付けの法則などを解明し、客観視できることが行動変容のカギになります。

チャンクダウン:苦手な人や事象のどの要素が自分に苦手意識を抱かせるのかが特定でき、その対象となる人や事象を全否定せずに済むようになる
トリガー:自分に苦手意識を抱かせるきっかけがわかり、苦手意識のプログラム発動の瞬間に気づけるようになる
ポジションチェンジ:苦手な相手や第三者の視点で自分を眺めてみることで、自分自身の改善ポイントに気づける
サブモダリティ:苦手な人や事象に対して持っている固有のイメージを視覚・聴覚・身体感覚の3つの側面から分析することによって、客観的に捉えられるようになり、特に影響力を持つ要素を変えることで苦手意識も変えられるようになる

学習段階と難易度

目指してもらいたいレベルに応じて
3段階でカスタマイズ可能なプログラム

人間の学習は、意識と能力の状態によって5つの段階があり、望ましいのは、研修対象となる方の学習段階に
よって学習内容やインストラクションの方法などを変えることです。

学習の段階

学習の段階

貴社がイメージされる研修のゴール、研修対象となる方々に目指していただくレベルなどに応じて、最適な
プログラムをご提案いたします。

プログラム概要

五感やわたしたちのイメージの力を活用して、苦手意識を解消・緩和する手法を学びます。

  • 失敗や恥をかいた記憶が蘇ってきて前に進めない
  • 特定の人への苦手意識を克服したい
  • 過去のネガティブな出来事から抜け出したい
  • 人間関係の改善にポジティブに取り組めるようになりたい

受講概要

対象・階層
どなたでも

※対象者に合わせて内容をアレンジいたします
所要時間
120分
推奨受講人数
20名(最少開催人数4名)

※時間や人数についても柔軟に対応いたします。
開催会場
企業・団体・コミュニティへの
出張研修にて承っております。
受講料
1名様 13,750円 (税込)
1名様 13,750円 (税込)
プログラム
1.オープニング
 ○自己紹介・講師自己紹
 ○研修のゴール理解/目標設定
2.知覚のメカニズム
 ○人は事実そのものではなく、脳で意味づけをすることで世界を認識している
 ○苦手意識によってパフォーマンスが下がっているならば、自分の情報処理を変えた方が良い
3.[ペアワーク] 印象を変える
 ○サブモダリティ
  ‐ 手放したい反応とは?
  ‐ 反応を引き起こすトリガーとは?
  ‐ サブモダリティを変えてみる
4.[グループワーク] 見方を変える
 ○ 知覚のポジション
  ‐ 関係をより良くしたい相手とは?
  ‐ 自分/相手/第三者の視点で情報を集める
  ‐ 気づいたことを共有する
5.ビジネス現場への活用
 ○[グループワーク]
  ‐ 今日学んだスキルをどのような場面で活かしますか?
  ‐ 気づきの共有とフィードバック
 ○質疑応答
担当講師
長野 知鶴
NLPトレーナー(日本NLP能力開発協会認定)

NLPコーチング®公認トレーナー(日本NLP能力開発協会認定)

NLPコーチング®公認プロフェッショナルコーチ(米国NLP協会/日本NLP能力開発協会認定)

LABプロファイル®プラクティショナー(カナダ Success Strategies 社認定)

国家資格キャリアコンサルタント

産業カウンセラー(日本産業カウンセラー協会認定)

本プログラムは、研修受講者の課題状況やあるべき姿を丁寧にお聞きした上でオーダーメイドで創り上げます。カリキュラム内容、日数、人数などご要望をお聞かせください。柔軟に対応いたします。

お電話でのお問い合わせ

045-232-4114

受付時間  月曜日~金曜日
10:30~19:00


(定休日 木曜日・祝日)

メールでのお問い合わせ

すべてのプログラムは、研修目的や研修対象者の課題状況に応じて
アレンジいたします。

私たちは、お客様が思い描く研修対象者の「あるべき姿」の実現や課題解決のために最適な研修プログラムをオーダーメイドでつくり、提供しております。どのような状態を実現するために研修を実施するのか?をお聞かせください。

[アレンジ例1]
プレゼントレーニング(集合研修orパーソナルコーチング)

プレゼントレーニング

プレゼントレーニング

[アレンジ例2]
(管理者向け)コーチング研修

(管理者向け)コーチング研修

(管理者向け)コーチング研修

[アレンジ例3]
(管理者向け)チームビルディング研修

(管理者向け)チームビルディング研修

(管理者向け)チームビルディング研修

その他おすすめのビジネス研修

coating-leader
コーチ型リーダー養成プログラム

NLPのノウハウやテクニックの学習を通して、人の認知や顕在意識・潜在意識(無意識)の構造、効果的なコミュニケーションなどの理解を深め、その知恵をスキル化してコーチングに活かしていくためのエッセンスをふんだんに盛り込んでいます。トレーニングを通じてリーダーとしての素養が身につき、ご自身の成長が実感できるプログラムです。
▸詳しくはこちら

fiduciary relationship
信頼関係を築く技術
『新時代のリーダーシップ/NLP入門』

他者との信頼関係構築は、リーダーシップの土台となるスキルです。相手に親しみや安心感を与え、心の距離が縮まると、相手を動機づけたり、効果的に動かすといったリードができるようになります。プロのコーチやカウンセラーが実践する、全てのコミュニケーションの基本となる信頼関係(ラポール)の構築テクニックが学ベます。▸詳しくはこちら

Read the real intention
相手の本音を読み取る技術 『新時代のリーダーシップ/NLP入門』

観察力を磨くことで、少ないやり取りの中でも相手の気持ちや要望に気づけるようになります。五感(視覚/聴覚/触覚/嗅覚/味覚)の全ての感覚を使って相手を観察することにより、言葉の奥に隠された真意を読み取ること、そして、物事の “ 事実 ” を見極められるようになるためのトレーニングが受けられます。
▸詳しくはこちら

State management
人前に立つときの状態コントロール術『新時代のリーダーシップ/NLP入門』

プレゼンテーションや会議、研修などで人前に立つ時には、必要なステート(状態)があります。トレーニングを通じて、ご自身の状態を整え、リラックスしている、自信をもって話せるといった状態を意図的に創り出すテクニックやイメージを活用したメンタルリハーサルの方法などを学び、必要な場面で実践できるようになることを目指します。
▸詳しくはこちら

Weakness
苦手意識を手放す技術『新時代のリーダーシップ/NLP入門』

無意識下にインストールされている苦手意識のプログラムは、リプログラムが可能で、望ましいプログラムに書きかえて再インストールできるものです。意図的に視点を変えて捉える技術や自身のイメージを活用して、苦手意識を手放し、より望ましい方向へと前進する手法を手に入れることができます。
▸詳しくはこちら

Outcome
カスタマイズプログラム

すべてのプログラムは、研修目的や研修対象者の課題状況に応じてアレンジいたします。

私たちは、お客様が思い描く研修対象者の「あるべき姿」の実現や課題解決のために最適な研修プログラムをオーダーメイドでつくり、提供しております。どのような状態を実現するために研修を実施するのか?をお聞かせください。

コラム-キャリアデザイン-じぶんらしい生き方・働き方-シゴトの学び舎

コラム-キャリアデザイン
じぶんらしい生き方・働き方

キャリアデザインとは、自分が生涯を通じて、どのように仕事や社会とかかわり、果たしたい夢や目標、使命は何か、どんなプロセスで何を実現したいかを自分自身で考えて、その考えをキャリアプランとして具体化していくことです。

コラム-NLP(神経言語プログラム)-シゴトの学び舎

コラム-NLP(神経言語プログラム)

「脳の取扱説明書(自分の脳を使いこなして生き方を変える)」とも言われる卓越したコミュニケーション技術の体系である[NLP]